起業することは、それほど難しくはありません。

しかし、ずっと続けていける人は、とても少ないです。

起業するからには、安定して売上をあげていけるようになりたい。

誰でもが、そう考えることでしょう。

そこでこの記事では、私のこれまでの体験だけでなく、クライアントの事例などもふくめた知見をもとにして、

  • ひとりで起業して安定的に集客できる考えかたの基本

を、わかりやすくお伝えします。

なぜ集客のための「考えかた」が必要なのか?

集客のための考えかたなんて、わざわざ知る必要があるのか?

もしかしたらあなたも、そう感じていらっしゃるかもしれません。

確かに、ほとんどの人は、まず集客方法(集客の仕方)について知りたがります。

「ツイッターで集客できますか?」

「ホームページってもう時代遅れですか?」

「ブログはやったほうがいいですか?」

などなど。

確かに、楽に集客できる方法があれば、それに越したことはありません。

しかし実際は、そう簡単ではありません。

しかし、集客のための考えかたを知っておけば、より効率的な集客活動ができるようになるでしょう。

ひとり起業における「集客」とは?

そもそも、集客とはなんでしょうか?

次のように考えてみてください:

  • 売上をあげるためには、集客する必要がある
  • 安定的に売上をあげるには、安定的に集客する必要がある

こうやってみてみると、ビジネスには集客が必須、ということですね。

さまざまな集客方法

さてそれでは、集客にはどんな方法があるでしょうか?

  • 広告(新聞広告やネット広告、折り込みチラシなど)
  • SNS(フェイスブックやYouTube、ツイッターなど)
  • ウェブ(ホームページやブログなど)
  • 口コミ・紹介
  • ダイレクトメール
  • ポスティング

などなど。

他にもいろいろあるでしょう。

繰り返しになりますが、起業をすることと集客することはセットになっています。

つまり、起業について考えながら、集客についても考える。

起業しながら、集客活動もする。

これが基本になります。

1. 効率のよい集客のしかたとは?

実は集客のための考えかたにはいろいろあるのですが、ここでは、簡単でやりやすい方法をお伝えします。

それは、

  • まずは興味のある人を集める(いきなり売りつけない)

という考えかたです。

例えば、英語に興味のない人に、英会話教材を売ることはできません。

道ゆく人をつかまえて、「英会話教材を買ってください」といきなりセールスするのではなく、

まずは「英語に興味のある人」に集まってもらい、その上で「こんな教材がありますよ」と伝えていく。

これが、まずは興味のある人を集めるということです。

これを例えば、ツイッターなどの SNS に応用するならば、

いきなり「この英会話教材がいかに素晴らしいか?」とセールスするのではなくて、

まずは英会話に役立つちょっとした情報をツイートして、興味のある人に集まってもらってから、教材を伝えていく。

こんなイメージです。

2. 集客がうまくなる方法とは?

次に、より効率的に集客できるようになるための考えかたについて、わかりやすく説明します。

すでに何度かこのブログでお話していることではありますが、

  • 数値として確認できるようにしておく

ことが大切です。

経験者ならできるのかもしれませんが、体重と体脂肪を測らないでダイエットするのって、ちょっと難しくないですか?

数値として確認できるようにしておくというのは、これと同じです。

  • 集客活動に対して、どれくらいの時間とお金をかけて
  • どれくらいの効果があったのか?

を具体的な数値として把握できるようにしておくとよいでしょう。

こうすれば、どんな集客方法が自分のビジネスに効果的なのか? がわかってきます。

ビジネスによって、最適な集客方法は変わってくるはずだからです。

広告の内容が重要になってくる

とはいえ、「どんな内容の広告にするか?」が、実はすごく大切だったりもします。

これは難しい言葉で、「セールスライティング」とか「コピーライティング」などと呼ばれるスキルに相当します。

ビジネスには、継続的な集客活動が必須、とお伝えしました。

ということは、ひとりで起業するとなると、このような「集客スキル」を身につける必要がでてきます。

もちろん、誰かに頼んでやってもらうこともできるかもしれません。

しかし、予想以上にコストがかかることが多いです。

できるだけ、自分でできるようにしておくとよいでしょう。

このときも、数値として確認できるようにしておくと、スキルの向上が見込めます。

例えば、

  • 前回は1000枚のチラシを配って1人、集客できた
  • 広告の内容を変えてもう一度、1000枚配ってみたら、今回は3人、集客できた

こうやって数字をチェックしていく。

くりかえしていくことで、集客スキルを身につけていくことができるでしょう。

「数字をチェックしていく」

というと、なんとなく難しいとか、面倒くさい、と感じる方が多いようです。

しかし例えば、スポーツの世界では成績は基本的に数字で表します。

音楽の世界でも、テンポに合わせて練習するなど、数字とは無縁でいられません。

もちろんビジネスでも、売上は数字で表します。

難しい計算が必要というわけではありませんので、起業を志す方は、数字に慣れ親しんでおく工夫を考えておくとよいでしょう。

商品やサービスが素晴らしければ、自然と広まるか?

「素晴らしい商品を持っていれば、口コミで自然と広まっていくのでは?」

こういう考えかたもあります。

確かにそのとおりだと思います。

ただ、起業したばかりのときは、そもそも口コミしてくれるお客さんがいません。

また、集客できるルートが複数あったほうが売上が安定しやすいです。

というわけで、ひとつの集客方法にこだわりすぎず、さまざまな集客方法を検討してみることをおすすめします。

まとめ

まとめます。

  • 起業するということは、集客活動をするということ
  • 集客を避けて通ることはできない
  • ひとりで起業するならば、集客スキルを身につけることを頭にいれておく
  • 集客活動の結果を数字で把握していくことで、スキルアップや効率化につながる

 

サービス