ドメインとは何か? 聞いたことがありますか?

サロンでオリジナルホームページをつくるときに必要になってくるものです。

詳しくは、

https://google.co.jp

の、google.co.jp の部分のことをいいます。

ちなみに、https://google.co.jp という全体をURL(アドレス)といいます。

サロンのホームページをつくるときに、ブランドのような役割を果たします。

そこでこの記事では、

  • ドメインとは何か?取得方法や名前の付け方のコツ

について、わかりやすくお伝えします。

なお、「サロンのホームページ集客」についてのまとめ記事は、下記を参考にしてください。

ドメインの基本

ドメインとは何か?

もう一度まとめておきましょう。

https://google.co.jp

という URL があったとき、

  • google.co.jp をドメイン
  • https://google.co.jp をURL

といいます。

トップレベルドメインとセカンドレベルドメイン

トップレベルとセカンドレベル

さらにドメインは「トップレベル」と「セカンドレベル」に分けることができます。

google.co.jp を例にとると、

トップレベルco.jp
セカンドレベルgoogle

となります。(前にある文字列が、セカンド)

トップレベルとは

トップレベルとは、国別・役割別にあらかじめいくつかの種類が用意されているもののことです。

.co.jp株式会社
.com商用サービス系
.netネットワーク系
.org非営利団体
.tokyo地名系

ひと昔前までは、個人でビジネスを営む場合は、「.com」を取得する人が多かった印象があります。

しかし最近は、あまりこだわらなくなってきたようです。

ただし法人の場合は、いまでも「.co.jp」を取得するところがほとんどではないでしょうか。

セカンドレベルとは

セカンドレベルとは、取得するときに自由に名付けることのできるドメインのことです。

ただし「早い者勝ち」になっています。

すでに存在する文字列との重複はできません。

もう少し詳しく説明しますと、トップレベル+セカンドレベルがすべて同じ場合はだめということです。

下の例を見ますと、「udagawa」というセカンドレベルはすべて同じです。

でも、トップレベルは「.me」とか「.com」とかで違っています。

これなら大丈夫、ということです。

早い者勝ち

ドメインは基本的に早いもの勝ち

サロンがオリジナルホームページをつくるとき、URL を自分で考えることができます。

しかしルールがありまして、それは「早いもの勝ち」というルールです。

SNS などのアカウント名と似たような感じ、と考えてください。

ただし、すでに取得されてしまったドメインでも「中古ドメイン」という形で販売されている場合があります。

中古ドメインとは?

  • 映画や展示会などのプロモーションとして一時的に使用されたけれど、いまは使われていない
  • ビジネスや個人のブログなどで使用されたけれど、すでに使用されていない

このようなものを、中古ドメインといいます。

通常は、新しいものを取得するようにしたほうがよいでしょう。

ちなみに中古ドメインは、その価値によって価格が変動します。

例えば、印象的で短い文字列などは、価値が高くなる傾向があります。

記憶に残りやすいため、宣伝効果・PR効果が高くなると考えられているのでしょう。

同じように、サロンでホームページを作るときも、覚えやすく印象的な文字列を取得できるとよいと思います。

ドメインの取得料金

ドメイン取得料金について

では、費用はどれくらいでしょうか?

新規取得の場合は、数百円~数千円程度です。

その他に、更新費用がかかります。

参考として、「ムームードメイン」というサイトを見てみましょう。

ドメインの取得費用(例)

参考:https://muumuu-domain.com/domain/price

実際にドメインを取得するには?

ドメインを取得するためには、ドメイン取得サービスを提供しているサイトを利用します。

ドメインは、基本的に誰でも取得できます。

あなたもぜひ、自分のサロンの名前で取得できるかどうか、上記のサイトから調べてみてはいかがでしょうか?

ドメイン(領地)のイメージ
ドメイン(領地)のイメージ

サロンでホームページをつくるときのドメインのつけかた

前置きが長くなりましたが、サロンでドメインを取得するときは、印象的で覚えやすい文字列がおすすめです。

一般的には、屋号や店名と統一できるとよいでしょう。

実はもうひとつ、ポイントがあります。

それは、

  • ドメインと SNS アカウントで文字列を統一する

ということ。

中古ドメインのところでもちょっと解説しましたが、ドメインなんて文字列にすぎないのに、高値で取引されることもあります。

おそらくですが、ブランド的な価値があると考えられているのでしょう。

なので、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどの SNS でも共通した文字列を使えるように、あらかじめ調べておけるとよいでしょう。

実は私は、ぜんぜん統一できていません。

でも、もし新しくサロンをやるならば、統一できるような文字列にしたいと思っています。

まとめ

サロンのホームページでは、ドメインはブランドのようなもの、と考えることができます。

そのため、

  • できるだけ覚えやすく印象的な文字列にする
  • SNS アカウントや、あなたの店名や屋号などと統一する

ことを考えておきましょう。

一度、取得してしまうとあとから変更するのはなかなか難しいので、あらかじめ調べておくようにしましょう。

この記事を書いた人

Udagawa Yushi

サロン集客プロデューサー/元オーナーセラピスト。
開業後1年間まったく売れず赤字続き → 独自の分析と膨大な検証を試し、毎月60名の新規客が集まる人気店に。
その知見を生かし、300名以上コンサル → 月商200万越え、講座を開催し全国から生徒さんが殺到などの成功例を輩出。あなたならではの "魅力" で売れるお店にするのが得意。
 
集客にお困りの方は期間限定で【無料相談】行っております