スモールビジネスを成功へ導くマーケティングと営業の違いとは

マーケティングという言葉は、いまやメジャーな言葉になりました。

「これから起業してみよう」と考えている人にとっては、避けては通れないキーワードだといえるでしょう。

しかし、ちょっとした注意もあります。

というのも、

「マーケティングさえ知っていれば、すべてがうまくいく」

と誤解している人が多いようなのです。

実際のところはどうでしょうか?

この記事では、

  • マーケティングとは何か?
  • マーケティングと営業、販売との違い
  • あなたにとってマーケティングが必要なものかどうか?

についてわかりやすく解説します。

マーケティングとは

マーケティングとは、わかりやすくいえば「売れる仕組みをつくること」です。

そして、売れるしくみをつくるためは「消費者志向」が大切になります。

消費者志向とは

消費者志向とは、顧客のニーズを満たすことを第一に考えるということ。

もちろん、事業者として利益を確保できることは前提です。

しかしそれは、利益第一主義ではなくて、顧客第一主義である、ということです。

Q
なぜ、消費者志向が大切なのでしょうか?
A

顧客ニーズが満たされないのに利益を確保しようとすると、仕組みとして無理がでてくるからです。

消費者志向を大切にしない場合、「売りつける」とか「買わせる」といった行為に走ってしまう可能性もあります。

これでは売り手も買い手も、幸せになれませんよね。

売れるしくみをつくるための3つの要素

売れる仕組みをつくるためには

  1. 市場調査
  2. 価値を提供する方法
  3. 顧客や社会との良好な関係

主にこれらについて考え、取り組んでいくことが必要になってきます。

営業・販売とは

このように見ていくと、営業または販売とは、マーケティング活動のひとつとして考えることができます。

上記の例でいえば、「価値を提供する方法」のひとつとして、営業と販売がある、といえるでしょう。

マーケティングと営業の違い

マーケティングと営業の違いについて、別の視点から考えてみましょう。

実は、マーケティングと営業は、商品やサービスを別の方向から見ているともいえるのです。

  • 営業とは、いまある商品やサービスをどうやって売り込んでいくかを考えること
  • マーケティングとは、顧客が買いたくなる仕組みをつくること

このように考えることができるでしょう。

あなたのビジネスにもマーケティングが必要?

スモールビジネスにおいてマーケティングは万能のように見えることがあります。

しかし実は、マーケティングなんて必要ない人もいます。

それは例えば、営業力のある人、といえばよいでしょうか。

営業力のある人は、目の前にある商品・サービスを売り込むことが得意です。

こういう人は、友人や知人、交流会などを活用して人脈をひろげ、自分の商品やサービスをどんどん売り込んでいく。

人によっては、高額な商品やサービスもどんどん売れていくこともあります。

マーケティングが必要な人とは

対して、営業や販売が苦手だという人は、マーケティングスキルを磨く必要があるでしょう。

「売れる仕組み」を構築することができると、営業をせずとも商品は売れ、サービスに契約してくれるようになります。

理想をいえば、営業もできるしマーケティングも得意な人がよいのかもしれません。

しかし、個人によるスモールビジネスにおいてそこまで追求しようとするのは、かえって非効率的かもしれません。

どちらに重心を置くか、よく考えておくようにしましょう。

よくないのは、本来は営業が得意なのに、「マーケティングさえ覚えれば成功できる」と勘違いして、マーケティングのことばかり学んでしまうパターンです。

はじめに紹介したように、「マーケティングさえ知っていれば、すべてがうまくいく」と感じていらっしゃる方が、以外と多いのです。

この記事を書いた人

Udagawa Yushi

個人で起業を志す方のために、WordPress を使ったビジネスサイトのつくりかたを分かりやすく解説します!
 
出版に関する情報も。
 

もうひとつのブログ「LYKKE LYKKE(リュッケリュッケ)」もぜひ!