あなたの起業アイデアを現実的にするための3つの要素とは

ひとりで「起業をしたい!」という方のお話を聞くことがあります。

自分のアイデアがいかに素晴らしいものか?

熱く語ってくださる方も多いですね。

しかしそのアイデア、どれくらい実現可能なものでしょうか?

あなたの話を思う存分に聞かせてください。もし、ひとり起業のアイデアを30日以内に見つけたいのなら・・・

「いまの仕事をずっと続ける?」

人生で後悔しないためのひとり起業を成功させる3つのポイントと、話すだけで起業アイデアが湧いてくる画期的なセッション。

いまだけ、キャッシュバックキャンペーン実施中です。

【いますぐ見てみる

アイデアで食べていけるわけではないが、起業後の生存率はかなり低い

実際のところはわかりませんが、起業後の生存率はかなり低い印象です。

ベンチャー企業の生存率を示すデータがあります。創業から5年後は15.0%、10年後は6.3%。20年後はなんと0.3%です。

「創業20年後の生存率0.3%」を乗り越えるには

何のアイデアもなく起業しよう、という人は、あまりいないはずです。

ということは、アイデアだけでは生き残ることは難しい、といえるのではないでしょうか?

起業して成功する

アイデアをよりよいものにするシンプルな質問とは

このブログでは「ひとりで起業する」というテーマでお話ししています。

そのテーマに則って、シンプルな3つの要素についてご紹介しましょう:

ひとりで起業して仕事をするときには、

だれに

なにを

どうやって売るのか?

これについて考えましょう。

  • だれに:全員
  • なにを:売れるものならなんでも
  • どうやって:いろんなやり方で

これでは普通は、話になりません。

なぜならば力(資源・リソース)が分散してしまうからです。

ここでいう資源とは、下記の記事でも紹介した「時間・努力・お金」のことです。

特に個人で起業を志す場合は、「ニッチ(隙間)」と呼ばれる部分に狙いをさだめ、そこに力を集中する必要があります。

「局地戦」という言葉があります。

小さくとも「ここなら誰にも負けない」という分野。

この分野を創造したり、または乗り込んで制圧したりしていくわけですね。

ニッチに狙いを定める

「だれに・なにを・どうやって」がズレているとうまくいかない

「だれに・なにを・どうやって」は、それぞれ関連しあっています。

  • 「なに(売るもの・サービス)」がすごく弱ければ、「どうやっても」売れません
  • 「なに(売るものサービス)」が強くても「誰に」間違っている

極端な例ですが、化粧品をお爺ちゃんに売ろうとしている——そんなことが、よくあるのです。

商品やサービスはとても良いものなのに、これではさすがに売れません。

起業アイデアを思いついたと感じた場合は「誰に・何を・どうやって」について考えてみよう

もしもあなたが起業アイデアを思いついたと感じた場合は「誰に・何を・どうやって」について考えてみましょう。

ひとりで起業したいと思ったら

ひとり起業の始めかた、稼ぎかたが簡単にわかる(無料記事)

ひとり起業とは何か? からその始め方、起業アイデア、成功ノウハウが簡単にわかります。
約16,000文字(原稿用紙40枚)分でしっかり学べる無料のノウハウ記事です。