「プライベートサロンやってみたいけど、迷っています」

私はあるスクールで、独立開業コースの講師をさせてもらっていたことがあります。

「将来、サロンを開業したい人はいますか?」

そう訪ねると、ほぼすべての人が手をあげてくれます。

とはいえ実際に開業する人は、ほんのわずか。

開業しないから悪い、というわけではありません。

それぞれの判断や決断があったはずだからです。

photo of person riding kayak during dawn

あなたはどうですか?

個人サロンを開業するかどうか?

開業したあと、どんな方向で進めていくべきか?

自分なりに判断して、決断することが必要になりますよね。

そこでこの記事では、「自分会議ノート」と題して、3つの方法をお伝えします。

個人サロンは、自由な仕事。

だからこそ、自分と向きあう時間をつくり、その質を高めていきましょう。

独立してサロン開業すべき? かどうかを見きわめる「プロコン」

まずは、「プロコン」について紹介します。

プロコンの例

プロコンとは、「賛成反対」というような意味です。

  • Pros(プロ):長所・メリット
  • Cons(コン):短所・デメリット

あえて、反対の意見をあげていく。

それによって、より客観的な判断を導きだすためのノート術です。

上の例では、独立してサロン開業することに関するメリットとデメリットについてあげてみました。

プロコンでサロン開業のメリット・デメリットを書きだしてみよう

「迷ったらとりあえずプロコン」と覚えておくとよいでしょう。

大雑把なやりかたでも大丈夫です。

ササッと書いてみるだけでも、すっきりするからです。

メリットとデメリットが見える化するだけでも効果的

サロン開業するかどうか?

実は、すでに自分の中にすでに答えをもっていることも多いです。

でも、こうやって書きだすことで、メリットとデメリットが見える化する。

これが、プロコンの活用ポイントと言えるでしょう。

メリットとデメリットは絶対的なものではない

注意点として、書きだすメリットとデメリットは、あくまで「自分基準」で大丈夫です。

ある人にとってはメリットでも、他の人にはそうじゃない。

そういうことも、よくあるからです。

手書き術

サロン開業にむけて大切なことを見える化する「マトリクス」

まずは下図を見てください。

マトリクス

これは、マトリクス(図)といいます。

シンプルですが、効果的なノート術です。

マトリクスでサロン開業のためにやるべきことを整理してみよう

マトリクスは、ものごとを整理するときに役立ちます。

サロン開業でやるべきこと(例)

あくまでも一例ですが、こんな感じで整理してみましょう。

ポイントは、右下の「重要だけど緊急じゃないこと」

ここに注目すると、実はとても大切なことが隠されている場合があります。

開業したらマンダラートでうまくやる方法をみつける

最後の3つめは、「マンダラート」というノート術です。

  1. 真ん中にテーマを設定します
  2. そこから連想されるキーワードで周囲の8つのマスを埋めていきます。
  3. すべてのマスを埋めましょう

ここでは、「サロン開業しても子育てをうまくやるには?」というテーマで書いてみました。

すべてのマスを埋めようと考えることで、よいアイデアが浮かんできます。

周囲の8マスをさらに展開した81マスのバージョンもあります。

ここまでやると、かなりたくさんのアイデアが出てくることでしょう。

ただしマンダラートは、どちらかというと質より量を重視する方法です。ですからその後で各アイデアを検討しなおすようにすると、より効果的でしょう。

まとめ:自分と向きあう時間を大切にしよう

個人サロンの仕事は、ある意味ではとても自由な仕事です。

でもだからこそ、自分のことは、自分で判断して決断していかないといけません。

この記事で紹介した3つのノート術は、どれも有名なものですが、そのため効果も期待できます。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

この記事を書いた人

Udagawa Yushi

サロン集客プロデューサー/元オーナーセラピスト。
開業後1年間まったく売れず赤字続き → 独自の分析と膨大な検証を試し、毎月60名の新規客が集まる人気店に。
その知見を生かし、300名以上コンサル → 月商200万越え、講座を開催し全国から生徒さんが殺到などの成功例を輩出。あなたならではの "魅力" で売れるお店にするのが得意。
 
集客にお困りの方は期間限定で【無料相談】行っております