参考:自信をもてない人のための心理学

自信には、3つの要素があります。

それは、

  • 自己評価
  • 行動
  • 自己主張

です。*1

それぞれについて、わかりやすく解説しましょう。

1. 自己評価

自己評価は、自信の基礎となるもので、3つの柱から成り立っています。

  1. 自分はかけがえのない人間だと思うこと
  2. 自分には能力がある、努力次第で能力を身につけることができるという、自分の能力に対する信頼
  3. 人から愛され、認められ、必要されていると思うこと

2. 行動

行動は、自信の原動力となるものです。

自分には能力があると思えれば、安心して行動することができます。

「やっぱり自分にはダメなんじゃないか?」と行動を起こすことをためらっていると、自分の能力を信じられなくなってしまいます。

その結果、自己評価が下がり、自信もなくなってしまいます。

3. 自己主張

自分の希望を伝えたり、嫌なことに「ノー」と言ったりする。

自分をうまく主張できるようになると、あなたの自信も確かなものになります。

なぜ自己主張が大切かというと、人は、ひとりでは生きていけないからです。

上手に自己主張ができないと、あなたは周囲から「軽く」扱われてしまうようになります。

それによって、自己評価を低められ、結果的に自信を失ってしまいます。

この3つの要素は、それぞれが関係しあっています。

自信を失ったときは、この3つの要素に分解して、それから対策を練っていくとよいでしょう。

1) 自信をもてない人のための心理学 P.48

 

サービス