ユーヴェのピルロ、なんだか懐かしいような寂しいような…しかも、結構、活躍してて、それが嬉しいような、残念なような、やや複雑な気持ち。