最近、ビル・エヴァンスの Funkallero という曲がすごく気に入っていてこのブログでも紹介しようと思ったのですが、それで Youtube を検索してたら Waltz For Debby の素敵な動画でてきちゃったので紹介しておきます。

ビル・エヴァンスといえば、この Waltz For Debby に代表される繊細さ、静謐さ、といったイメージがあると思うんですけど、それは彼の魅力の一面にすぎないんだなあ、とも感じます。

Funkallero という曲ではエレクトリック・ピアノからはじまって途中からアコースティック・ピアノになるのですが、その切り替わる瞬間がすごくぶっ飛んでて個人的にかなり好み。

で、そこから怒濤の後半、ピアノ+ベースとドラムの掛け合いから一気にラスト。

ビル・エヴァンスはほんと、凄まじい(才能)ですね。