Polka Dots and Moonbeams(水玉と月光)はとても美しいメロディの曲です。

Frank Sinatra & Tommy Dorsey – Polka dots and moonbeams

お互いにひとめぼれして結婚しましたとさ、というおとぎ話のような歌詞なのですが、個人的にはすごく好きな歌詞です。曲調にもあっているような気がするし。

こちらのページに訳が紹介されていました。

それでこの曲に関しては、やっぱりウェス・モンゴメリー(Wes Montgomery)のギターが素晴らしいと思うのです。

いわゆるオクターブ奏法というヤツだと思うのですが、格好いいですよね。

それから忘れてはいけないのが、やっぱりビル・エヴァンス(Bill Evans)です。

なぜかもの悲しげな感じがするところが(私にとってはものすごく)魅力的だと思います。

この曲は過去のことを歌っている思うのですが、フランク・シナトラの歌声は一昔前を振り返っているような感じで、ビル・エヴァンスの場合は二昔前、みたいな感じに聴こえます。

結局、ビル・エヴァンスが素晴らしい、という結論になってしまい、私はギターで練習をしているのですが、ああ、やっぱりピアノも弾けたらいいなあ、と思う今日この頃です。