マイルス・デイビスの “You’re My Everything” がすごく好きで、なんていうのかな、時間をとめてくれるような素晴らしさがありますよね。

You’re My Everything by Miles Davis

で、もともとどういう曲なのかな? と思ってちょっと調べてみました。

You’re My Everything は、1931年にハリー・ウォーレン(Harry Warren)とジョー・ヤング(Joseph Young)によって書かれ、作詞は Mort Dixon によるとされています。ハリー・ウォーレンに関しては、こちらのページ(http://lovefred.seesaa.net/article/52561959.html)に少し日本語の資料がありました。

下記は、Nat King Cole による歌唱つきのものです。

Nat King Cole – You’re My Everything

You’re my everything underneath the sun
You’re my everything rolled up into one
You’re my only dream, my only real reality
You’re my idea of a perfect personality

You’re my everything, everything I need
You’re the song I sing and the book I read
You’re a way beyond belief and just to make it brief
You’re my winter, summer, spring, my everything

You’re my everything (everything I need)
You’re the song I sing and the book I read
You’re a way beyond belief and just to make it brief
You’re my winter, summer, spring, my everything

こうやって聴き比べてみるとマイルス・デイビスの個性が際立ちますよね。琴線に触れるというか、心のヒダをなでるような、というか。

ウィントン・マルサリスの演奏もありましたので紹介しておきます。