Billevans

私は曲名やアルバム名を覚えるのが苦手です。

「あの青いジャケットの3曲目っていいよね——」

20年近く聞いてきているバンドでさえ、こんな感じ。

歌詞の対訳とかライナーノーツとかも読みませんので、まあ “漫然” といえば漫然とした聴きかたをしてきたのかな、とも思います。

ですが、ジャズやクラシックを聴くようになると、どうもそうもいかないようです。

同じ曲でもいろんな人、楽団が演奏していますし、指揮者は誰だ、とか、有名なジャズミュージシャンでも、他のミュージシャンの伴奏をしていることもあります。

ブラインド・フォールド・テスト

もしかしたら、ものすごく耳が良いか、特定のミュージシャンをものすごく聴きこんでいるとか、自分もその楽器を弾けるとかならば、ある程度は判別がつくのかもしれません。

しかし、ブラインド・フォールド・テスト、いわゆる “きき耳テスト” なんてのもあるくらいですから、一般の人にとってすべてを聞き分けるのは難しいことなのではないかと推察します。

ブラインド・フォールド・テストについては以下のページが参考になるかもしれません。

読む音楽

たとえば Kind Of Blue というマイルス・デイヴィスのアルバムがありますが、一曲目と二曲目ではピアニストが違います。

それはなぜか? ということについて私はまだよくは分かりませんけれども、ジャズっていうのはこういった周辺的な情報を知っているとまた楽しめる、どうもそんな側面があるような気がしてきました。

そこで今回、読んでみたのが「ビル・エヴァンスについてのいくつかの事柄」という本です。

彼がどのような考えで音楽活動、そして人生を過ごしてきたのか? ということが、(おそらく)豊富な知識や情報、音楽的体験をもとに分かりやすく書いてあります。

もっともゆるやかな自殺、と呼ばれる彼の生涯、死後も評価されつづける彼のピアノ。

これらのストーリーはもしかしたら余計なものなのかも知れませんが、それでも彼の音楽を今までより深く、そして興味をもって聴きつづけることができそうな気がします。


ビル・エヴァンスについてのいくつかの事柄 改訂版