赤ちゃんができたら考えるお金の本

ひとりではたらくことになると、今まで以上にお金について考えることになると思うのですが、ここはシンプルに

  • 入ってくるお金と出ていくお金を把握する

で良いのではないかと思います。

出ていく予定のお金に関しては、できれば少し先、来月くらいまでは具体的に把握できていると安心です。

把握するとわかることがある

何ごともそうなんですけれども、数字として把握できてはじめて分かることがあります。

そのうえで、自分のライフスタイルにあわせて “必要なお金” を割りだしていけばよいのではないでしょうか?

ちなみに私は夫婦と子供のことまで考えてあれこれやっていたら、半年くらいはかかってしまいましたが、上の写真の本なんかを参考にしました。

客観的につきあう

毎日、入ってくるお金と出ていくお金を把握しつづけ、同時に、自分たちにとって “必要なお金” を予測できるようになると、ある程度、お金に対して客観的に接することができるようになると思います。

そうなったとき、私の場合は、まずお金に対する不安が少なくなりました。

次に、完全ではないものの、ある程度、仕事の質や量を調節できるようになりました。

私の場合、まず “どういうライフスタイルを送りたいのか?” という大きなくくりがあって、その中で “仕事” と “お金” のバランスをとっていけば良い、ということが分かったので、お金のためだけにやりたくない仕事をする機会がかなり減りました。

お金を稼ぐことに対する感覚

誤解をまねく表現かもしれませんが、“無理してまでも必要以上に稼がなくてもよい” といえば良いでしょうか?

お金と時間、自分の気持ちのバランスを考えて日々の生活を送る、といいかえても良いかもしれません。

または、 “お金の価値を見極めて、それに振り回されないようにしよう” というようにも表現できるかな…。

まとめ

SOHO(やスモールビジネス)にとって、一生、お金を稼ぎつづけていくというのは簡単なことではないかもしれません。

しかし同時に私たちは、 “どういうライフスタイルを送りたいのか?” ということについて、もっと意識的でもいいんじゃないかと感じています。

その方が楽しいし。