IMG 4077

SOHO として難しいと感じるのはやっぱりオンとオフの切り替えです。そのために私は GTD という手法を活用して頭の中を整理するようにつとめています。

(GTD については “OmniFocues で GTD” というコーナーにまとめてありますので興味がありましたらご覧ください)

また同時に、仕事の際は “一点集中” しすぎないよう心がけています。

一点に集中するのではなく全体に集中する感覚。力を抜いた状態で仕事をするような感覚といえば良いでしょうか。

オンでもオフでもなく “ニュートラル”

個人的な意見として、SOHO というのは基本的に “ニュートラルの状態” で仕事にあたるべきと考えています。

オンでもオフでもない、ニュートラル。

私はスポーツは苦手なのであまりよく分かりませんが、例えば空手やボクシングなどでも基本となる構えみたいなものがあって、それは良い意味で力の抜けたニュートラルな状態なのではないでしょうか?

あくまでもイメージですけど、そういう感じです。

一点に集中しすぎないというのも似たようなニュアンスですね。

今は昔みたいに、時間あたりの効率を求めたり、生産性の向上のために努力をするということも、だいぶ少なくなりました。

上の写真は、 “ニュートラルでいる” ということに関して、私に示唆を与えてくれる本です。

私の仕事に対するスタンスは、(今のところ)ここに書かれていることに結構、影響を受けているような気がしています。

完全なオフは場所を変えること

最後に、私にとって完全なオフというのは、 “場所を変えること” 、つまり旅行がそれにあたります。

世間ではノマドワーキングなんていう言葉が流行っているようですが、私は自宅の仕事場を心地よく使いやすくしてあるので、ノマドとは逆の発想をしています。つまり…

自宅でしっかり仕事。その代わり、まめに旅行にでかけられるようになるといいな。

…という感じです。