20120618

目標を達成するというより、問題をなくす——

個人として仕事をしていく、そしてそれを長く続けていこうとする場合には、このようなスタンスが大切なんじゃないかと私は考えています。

もちろん、山の頂上をめざして一直線にそこへ向かっていくという働きかたも否定はしませんし、ときには必要になってくることもあるかも…。

ただ基本としては “周囲の景色を楽しみながらのんびりとウォーキング” というくらいのスタンスのほうが、長い目でみたときには、楽に仕事を続けられると感じています。あくまでも個人的な考えですが。

達成とか志はそれほど重要じゃない…

このウォーキングには特に目的地やゴールはないのですが、それ自体に楽しさがあるんですよね。

——このように考えたとき、目標を持つこと、それに向かって進んでいくことは素晴らしいことですけれども、それよりも、 “日々の生活において問題を抱えないようにしていくこと” のほうが、実は “かんたんで大切” だと感じています。

こういった考えかたは、夢や志を持つことに比べるとつまらないよう見えるかもしれません。またもしかすると、達成したからこその境地なのかもしれません。

しかし私は、身近な問題に目を背けながらも夢や目標に進んでいくことに違和感を感じますし、やっぱり山の頂上をめざすより、日々のウォーキングのほうが好きなんですよね。

写真は、この間、昭和記念公園をウォーキングしているときに iPhone で撮ったものです。