OmniFocusショートカット

OmniFocus 知っておくとちょっと便利ショートカット、ご紹介します。

基本としては、OmniFocus Keyboard Shortcuts というPDFファイルに詳しく説明されています。

とはいえこの PDF では「たくさんありすぎてよく分からない」という場合もあるかもしれません。

そこで私がよく使うものをいくつか紹介しておきます。

サイドバーとアウトラインの移動

command + 4 でサイドバー/アウトラインの移動

その後、矢印キーの上下でフォーカス位置を変えることができます。

タスクの移動

command + control + 矢印キーでタスクを上下左右に移動

タスクを並べ替えたいとき、入れ子にしたいとき、入れ子を解除したいときなどに有効です。

ノートの編集

command + ’ (command + shift + 7)でノートの編集

タスクにノート(注釈・メモ書きなど)を挿入したいときは、右端のちいさなアイコンをクリックしても良いのですが、ショートカットキーを覚えておいたほうが便利です。

クリッピングショートカットの設定について

クリッピングショートカットとは、例えばメールの内容の一部やウェブ閲覧中の情報などをかんたんに OmniFocus へ送る方法です。

クリップしたい文字列などを選択して、[右クリック → Services → OmniFocus: inbox へ送る] を選択します。

このクリッピングをショートカットキーに割り当てたい場合、OmniFocus 側にも設定があるようなのですが、私は Mac の “システム環境設定 → キーボード → キーボードショートカット → サービス” より設定しています。

Omnifocus クリッピングショートカットの設定

参考記事