前回の記事では、趣味と実益をかねて、「お菓子は自分でつくる」ということを実践してみよう!と考えました。

ここでいう実益というのは、お菓子を手作りしたほうが買うよりも大切に食べるのでダイエットにつながるのでは?というようなことです。

それでさっそくローライムチーズケーキをつくってみたのですが、よく考えてみれば、わが家には同居人がいるんですよね。

つまり、誰かが “お菓子” を買ってきてしまえば、僕の手作り作戦というのはあまり意味をなさず、むしろ “手作りお菓子+買ってきたお菓子” で、今まで以上に食べてしまうことにもなりかねません。

これでは本末転倒というよりも、当初の狙いの真逆へ進みかねないので、ちょっと考えてみました。

基本は、記録

ダイエットに限らないことですが、やはり基本はレコーディング(記録)にあると思います。

記録すれば現状を客観的にみつめることができるので、なにかと対策が立てやすい。

では、どうすれば記録しやすくて、客観的に見つめやすいものになるのか?

  • 体重と体脂肪の推移をグラフで
  • 一日にどれだけのものを何時に食べたのか?
  • ウォーキングの記録

個人的にこの三つを記録していきたいのですが、やっぱり手元にある iPhone でやるのが便利なんじゃないかと思い、ちょっと探してみました。

シンプル・ダイエット

Simpleweight

体重と体脂肪を記録するだけのシンプルなアプリ。

くまさんのアイコンがちょっとかわいいのですが、シンプルで良さそうなのでこれを使ってみたいと思います。

Nebulous Note

Nebulousnote

Nebulous Note というアプリを使って日記を書いています。

食べたものに関しては毎日、日記のその日の最後にまとめて書くようにしているのですが、こんな風にすると、「今日、何食べたっけ?」が分かりやすくなるんじゃないかと。

Runkeeper

RunKeeper

ウォーキングの記録は RunKeeper で。

僕がウォーキングが好きな理由は、ゆっくりと音楽を聴くこともできるからです。

とりあえず、やってみる

ここで紹介した方法が効果的であるとかオススメであるとかいうわけでなく、とりあえず、自分であれこれ考えてやってみます、という感じです。

あとは昔、ヨガを習ったときに学んだ腹式呼吸っていうんですか?

あれを仕事の合間にやってみたいと思います。